ロト6のデータなどの研究&日記がわり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日記風を書くのは久しぶりです。

書いていいものか どうか 迷いましたが
皆様の意見が聞きたくて あえて書かして頂きます。

先月の初めごろ? 
部活の一環で試合があり
試合の合間で友達どおしでふざけていたらしく
(はっきり何をしたのかはおばあちゃんである私には分かりません)

先生に注意をされて謝ってその場はおわったそうです。
その後 奉仕活動を2週間して終わりだろうと思いきや

個人面談をして決めますと言われて
順番を待っていても
忙しいからと面談が出来ない期間が何日かあり
何時だったらいいのか 聞いても分からないの返事だったそうです。

やっとの事で面談をして許してもらえたのかと思いきや
どうしてなのか まだみたいでした。

やっと 部活に参加してもいいと言われたが

その後 事あるごとに孫たちだけが怒られるようになり
先生は 何を求めているのかが分からず

孫は 部活への意欲がなくなってしまいそうです。

孫の話だけなので 何とも言えませんが・・・
先生も 子供たちにどうしてほしいのかを
父兄にでも言ってほしいものですね。
行き違いが無くなって上手くいくと思うのですが・・・
私だけなのかな?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
v-16 のろのろ

この問題は日教組がからんだ問題であるなら、根は深く、解決は至難な事だと心配します。近年、朝日新聞、日本共産党、民進党(元民主党)、社民党、民潭(みんだん)等々の反日左翼団体の反日行動があからさまになってきています。中国経済が(実際とは裏腹に)順調に見えていた去年辺りまでは肩で風を切るほどの連中でしたが、今年に入って中国の経済破綻がバレてしまっては彼等左翼連中は形振りかまっていられない程の危機感を持つものと思われます。ドイツなどはGDPの16.4年分に相当する膨大な投資を中国に対してして行っているが、中国が破綻したら回収することは不可能です。ドイツがコケればEUもコケます。(私個人の思うところですが、中国の経済政策の失敗は現在の市場経済を理解できておらず、相変わらず旧態全とした金本位制と錯覚を起してしまっていたのではと推測しています)。金本位制に対し現在の制度は信用本位制になっているのにも関わらず、目先の利のみ追及してしまった反動は凄まじいもので、安倍首相がリーマンショック級の問題があれば消費増税は行わないと明言しましたが、このリーマンショック級とは正に中国経済の破綻を意味するものなのです。今、現在は当然ながら資本主義対協賛主義、もっと言えば共産独裁主義対資本主義で色分けされて対立状況に移行しています。この中国をめぐる状況が日本国内でも形骸化されています。ひーちゃんのお孫さんの件でも見た目は些細な事に見えますが、赤化した左翼連中の形振り構わぬ反日行動故に日本を貶めようとしている不遜な左翼の行動なのかもしれないし、十分そのことは警戒しておくべきことです。個人的にも気をつけなくておかないと危険です。≪深入りは避けるのがベスト≫です。
中国経済破綻は確定事項ですし、ならば第3次大戦が起こることもほぼ確定事項と断言しても構わないことかもしれません。
2016/06/09(木) 02:40 | URL | のろのろ #-[ 編集]
のろのろさん

ご意見ありがとうございます。

単純なひーちゃん☆なので
難しい事は分かりませんが日教組は関係ないとは思いますが???

孫の事は 親に任せておばあちゃんは様子を見守ることにします。


2016/06/09(木) 14:21 | URL | ひーちゃん☆ #eP1cGWnA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hichan165.blog27.fc2.com/tb.php/527-7382ad4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。